懸垂式モノレール

レールを上部に設置した懸垂式。
斜面住宅地用として戸口~戸口までの運搬も可能!

地上にレールを施設するタイプと比較して場所を取らず、乗車部と駆動部が分離していますので、平面での占有面積が小さくてすみます。

斜面地住宅用として道路の階段部、急傾斜部、水路上に設置が可能で戸口から戸口まで搬送が可能です。

設置した場所の住民の方に大変好評で、今では無くてはならないものになっています。

懸垂式モノレール

レールを地面に設置しないので、
生活道路への妨げは最小限

「斜面歩行空間のバリアフリー化」をコンセプトとして従来の地上または側壁に設置される階段昇降機ガイドレールを上方空間に設置することで 生活道路への妨げを最小限に抑えています。

レールの曲率半径が小さい為、
入り組んだ住宅地への設置も可能!

斜面移送装置として入り組んだ住宅地内への設置が可能です。
ラックピニオン駆動によるモノレール方式と特殊三次元レールの採用で、アップダウンやカーブが連続する通路の走行を可能としています。

交差する道路を塞がない為、
運行に支障をきたさない設置が可能

通路上部にレールを配置しているため、地上側に設備するものは通路端に小規模な支柱基礎を設ける程度です。
また基礎は道路面下部となるため障害とならず、各戸の玄関口・道路の交差点などを塞ぐ事がなく、通行に支障をきたすこと無く設置可能です。

納入実績

長崎市内斜面地住宅(長崎市内の3箇所に納入)

天神町
モノレール基本データ
設置距離:40~50m  走行速度:15m/分
コメント
ローコストで大規模なインフラ整備を必要とせず、維持管理費の負担が少なく、メンテンナンスも容易でトータルコストが低い移送設備として 長崎市に採用されています。
弊社独自の特殊技術による走行方式及び三次元レールの開発により、上記条件を実現し、スムーズな安全走行を可能にしています。